Q&A

TOPQ&A自筆証書遺言の確実性

自筆証書遺言の確実性

Q.自分で書いた遺言を確実に実行してもらうには(自筆証書遺言)
A.安全確実に実行してもらうには「公正証書遺言」を作ることをおすすめします。

(質問)
市販の遺言書作成キットを見ながら遺言を書いてみました。どうしておけば遺言書の内容を相続人たちに確実に実行してもらえますか。

(回答)遺言を自筆で作成しても、民法所定の方式で作成していなければ無効になることがあります。また、所定の方式に従っていたとしても、その表現が曖昧、不正確であれば銀行、法務局などに受け付けてもらえず、相続人にきちんと財産が渡らない危険もあります。

しかも、自筆証書遺言は、相続人に預けると内容を聞かれたり、書き換えを求められたりして煩わしいこともあります。そうであるからといってタンスの引き出しなどに隠しておけば、遺産がもらえない(又は少ない)相続人に見つけられて捨てられたり、隠されたりする危険があります。

自筆遺言にはこういった内容のリスク、紛失のリスクが常にあります。こういった危険を最小限にするためには、是非とも自筆ではなく、公正証書遺言を作成しておくことをおすすめします。

参考Q&A 公正証書遺言

CONTACT
お電話または相談予約フォームからご予約下さい。
お気軽にお問い合わせください。

TMG法律事務所TMG法律事務所

〒530-0054
大阪府大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル4階401号室
Tel 06-6363-5171 Fax 06-6363-5172

梅田・大阪駅から一駅の地下鉄「南森町」駅5番又は6番出口すぐ、南森町エンシンビル4階401号室です。5番出口を出て正面、もしくは6番出口を出て右の横断歩道を渡った2つ目のビル4階です。

グローバルサイン認証サイト